債務整理して人生をやり直したいという切実な思い

滋賀で弁護士をみつけたので債務整理をすることになりました。
これまで、長い間借金問題で苦しんできましたが、これでなんとか
生活を立て直せるんじゃないかなって希望を持てるようになりました。
【債務整理@滋賀】無料相談で400万の借金が大幅に減額をみて、
私も早めに債務整理する必要があると・・・決断しました。
借金を重ねることはまずいことだっていうのはわかってはいたんですが
どうしても、恥ずかしいだとか、自分のプライドが…だとか、そういったものが
邪魔をして、借金相談をすることができずに、その場しのぎでまた
お金を借りては返済にあてるという自転車操業を続けていたのですが
とうとう、消費者金融のカードローンの利用限度額いっぱいにまで
お金を借りきってしまい、身動きがとれなくなってようやく、
弁護士事務所の門を叩くことになりました。
本当は、こうまでなっても、まだ、闇金でお金を借りてしまおうかとか
考えていたのですが、やはり、ヤミ金融でお金を借りると、取り立てが
とんでもなく厳しいだとか暴力的だとか聞くので、同居する家族にも
迷惑がかかってしまうのでは…?と思って、ギリギリ思いとどまりました。
一応、弁護士の先生と債務整理をすることで方向性は決まったのですが
実際に債務整理の手続きが終わるのには時間がかかるんだそうです。
裁判所での手続きになるということで、半年くらいの期間はみていてくださいと言われました。
こういう債務整理といいますと、やはり、自己破産が有名ですが、自己破産を
すると、借金がすべてなくなるかわりに全財産を手放さなければいけなくなります。
債務整理の場合は家や車などといったものは保持したまま、借金の減額をしてもらい
自分にとって無理のない範囲での月々の返済をしていくことになるんだそうです。
もちろん、人にとって、どちらのほうが都合がいいかというのはそれぞれでしょうが
私の場合は債務整理のほうが利益があったので選びました。
これから債権者の貸金業者との話し合いで返済額が決まりますが
いくらになるのかやはり気になります。
一応、こうやって減額されて決まった借金については、もうこれまでのように
利息がつくということがないので、借金を返済した分だけ
元本が減っていくことは返済を頑張るモチベーションにはなりそうだなと思います。
借金返済の何が大変かって、やっぱり、返しても返しても借金がなくならない!
っていうことですからね。
酷いと、返済は月に数万しているっていうのに元本の減る金額は
1回ごとに数百円とかいうことがあるらしいです。
いくつもの会社から借りてリボ払いしてるとかっていう場合でしょうか。
そりゃあ貸金業が儲かるってわけですよね…。

キャッシングは分割払いもできるが一括払いが一般的

ぷろみすのキャッシングは、急な出費等で困った時にお金を借りることができる便利なサービスです。似たようなサービスにカードローンがあります。この2つの違いがよく分からない、という人も多いと思います。それもそのはずです、キャッシングとカードローンの利用方法はほとんど同じです。違っているのは返済方法です。
キャッシングは借りたお金を翌月や翌々月に一括払いで返済するのが原則です。それに対してカードローンは、借りたお金を毎月少しずつ利子と共に返済していく分割払いです。しかしキャッシングで分割払いも可能ですし、カードローンでも繰上げて実質残高を一括払いにすることも可能です。
審査に通ればカードを使ってATMからいつでも借入、返済ができるなど、利用する側からみた使い勝手はほとんど同じです。しかしカードローンは契約で返済方法が分割となっていますので、借入時の状況によって使い分けると良いでしょう。一時的に借りたいだけならキャッシング、まとまったお金を借りて少しずつ返済したいならカードローンを選ぶと良いでしょう。無利息で借りたいならぷろみすがおすすめです。

保証人なしでも申込めるキャッシング会社

“給料日はまだ先なのに急な冠婚葬祭などで、どうしてもお金が必要なこともあります。
貯金がまったくない場合は、お金の工面に困りますが、知り合いにお金を借りるのは迷惑をかけるので嫌だというならば、キャッシング会社に申込むといいでしょう。
キャッシングの申込みは、保証人や担保を用意する必要はないので、誰にも迷惑をかけずに申込むことができます。
最近はパソコンやスマホから簡単に申込むことができるのでとても便利です。
必要書類も郵送する必要はなく、デジカメやスマホで撮ったものをメールで送信すればいいので、手続きも簡単におこなえます。
キャッシングは収入の少ないパートやアルバイトの人は、申込めないと思っている人もいますが、安定した収入さえあれば申込むことができます。
収入のない専業主婦の方は、消費者金融などの貸金業者では総量規制があるので利用できない業者が多いです。
専業主婦の方は、総量規制のない銀行や信用金庫などの金融機関に申込むといいでしょう。

個人のキャッシングは保証人も担保物件も必要ありません

キャッシングをする時は、保証人や担保物件はやはり必要なのでしょうか。場合によっては必要な時もあります。しかし、個人が50万円程度を上限に借りる場合は、無担保無保証が基本になっています。つまり、担保物件も保証人も必要ありません。
その代わり、本人の返済能力がとても重要視されます。まず、返済の裏付けとなる収入がない人は、キャッシングの申し込みができません。ただしこれは収入の有無であって、仕事をしているかどうかは関係ありません。無職であっても不動産収入などがある人は借り入れができます。しかし無職で無収入の場合は、パートやアルバイト、あるいは内職でもいいので仕事をして、収入を得るようにしましょう。
それから、信用情報にブラックがある時も審査に通るのは難しくなります。ブラックがあるのは、ローンの返済が遅れた、あるいは債務整理をしたということです。つまり期日までに返済ができなかったということですので、ブラックが消えるまで待ってから申し込みをするのがでしょう。

キャッシングとローンの違いと注意点

キャッシングは、借りたお金を原則として翌月に一括で返済するもので、ローンは借りたお金を分割で数ヶ月もしくは数年かけて返済していくものです。しかし 現在では、キャッシングとローンの違いは曖昧になっており、ローンのことをキャッシングと呼んだり、その逆もあります。最近ではカードローンと呼ばれてお り、キャッシングもローンも両方使えるカードが一般的になっています。
注意点としては、キャッシングは住宅ローンや目的別ローンなどと比べると高金利であることが多いので、長期の借り入れには向いていないということです。基本的には借りたお金を翌月に一括で返済するというものですから、金利は高めに設定されています。稀に、審査に通ったからといってろくに計画を立てずに限度額いっぱいまで借り入れをしてしまう人がいますが、これは破綻のリスクが高い行為です。金融機関が設定する限度額は、「返済できる」ということを約束されたものではないし、生活に困窮しても金融機関には関係のない話です。審査に通ったからといって無計画に限度額いっぱいまで借りるということはやめましょう。

キャッシングと住宅ローン審査の関係

住宅ローンを抱えている人がキャッシングをすることに関しては、あまり問題になることはありません。住宅ローンは数千万円という高額な借金ですが、月々の 返済額は賃貸で暮らしている人の家賃とそう変わらないからです。むしろ、住宅ローンのような審査の厳しいローンに通過できたのなら、キャッシング審査にも 通過できる可能性は高いでしょう。
しかし逆に、キャッシングでお金を借りている人が住宅ローンの審査に申し込む場合には注意が必要になります。キャッシングでお金を借りなければならないような状況にある人が住宅ローンの返済をきちんとしていけるのかと疑問をもたれてしまうからです。特に消費者金融でお金を借りている場合には、お金に困っているというイメージをもたれてしまいます。もちろん、キャッシングでお金を借りていても収入に余裕がある人ならば問題がないケースもありますが、収入に不安がある人は、まずはキャッシングを完済してから住宅ローンに申し込むのがお勧めです。

キャッシングの限度額をどのように決めるか

キャッシングの限度額は、審査を受ける際に自分で決めることができます。キャッシングをするということは、その時にお金に困っている状況だということで しょう。しかし、この時にキャッシングをしても、すぐに給料日があり返済できるめどが立っているという場合には、それほど限度額を高くしておく必要はあり ません。給料日までに足りる金額で可能です。何故そのように考える必要があるのか。キャッシングを一度経験したことのある人は、キャッシングはとても便利 だといいます。お金がない時にすぐにATMなどで引き出すことができる、そしてそのお金は自分のものではないのにもかかわらず、まるで自分のものであるか のような錯覚に陥る。そしてどんどんキャッシングの金額がかさんで返済が困難になるということもあるのです。そのような状態を避けるためには必要である金 額を上限に設定しておくということが大切です。そうすると余計なキャッシングをせずに済むでしょう。

キャッシングで気軽に借金をすることができる

キャッシングを利用すれば負担をかけることなく気軽に借金をする事が出来ます。銀行などの大手の金融機関から借金をする時には、融資の金額の面から消費者 に対してかなりの負担がかかってしまいます。一度の融資で大きなお金を借りることになるので返済のプランを決めても何十年とローンを返済しないといけなく なるので一般の人にとっては借りにくいローンが多いのです。
一方で、消費者金融のキャッシングと言うサービスは審査の基準がゆるくてお金を借りる際に収入の証明書すら必要ありません。支店に出向いて申請書を出す必要もありませんし、郵送で書類を渡す必要すらないのです。消費者金融の担当者と顔をあわせることなく全ての手続きを終わらせてお金を借りることが可能なので誰にも知られずにお金を借りたいときには非常に重宝します。
また、本人の年収を基準に限度額を設定するので本人の努力によっては大きな金額を借りることも出来ます。安全性が高い上に融資の自由度もあるのです。